ノウハウ
2016年02月22日

新入社員さん必見!基本のビジネスマナー講座〜ビジネスメールの基本のカタチ〜

今回はビジネスでのコミュニケーションツールの
主となっているメールの書き方についてご紹介します。
もちろん毎日のようにお客様へメールを送っている方もいると思いますので、
「今更そんなの必要ないよ!」「メールの書き方なんて知ってるに決まっているだろ!」
なんて方もいるかと思いますが、
入社したときの初々しい気持ちに戻って読んでいただけたらと思います!

それでは早速ですが、

宛先、CC、Bcc

みなさんはこれらの違いをご存知ですか?
実はわたし、会社に入社するまでこのCCとBccを知りませんでした。。
Bccなんて普段使わないですよね?
けど社会人になるとそうは言っていられません!
それでは答えを見てみましょう!

■宛先:そのまま!宛先のことです!
■CC:カーボン・コピーの略で、複数人に送る際に使います。
■Bcc:ブラインド・カーボン・コピーの略です。こちらも複数人に送る際に使います。

ただ、ここで大きく違うのは、BCCの受信者は、
他の受信者に表示されないということです!
内緒で誰かに共有したい場合や、一斉送信の際に用いられることが多いです。

ですのでCCとBccは絶対に間違えちゃだめですよ!
色々ととんでもないことになるのでここは特に気をつけてくださいね。

では、これらの違いがわかったところで、
早速メールを定型文をご紹介します!
今回は株式会社●▲■営業部の伊藤様に送ります。

=========================
株式会社●▲■
営業部
伊藤様

お世話になっております。
ビートレードの佐藤でございます。
=========================

ビジネスメールでの挨拶文は
「お世話になります」「お世話になっております」が基本です!

「ご苦労様です」「お疲れ様です」
これらの挨拶文はお客様あてのメールではNGです!
そもそも「ご苦労様」は目上の人が使う言葉ですので気をつけましょうね。

そして、お客様の社名や部署がわかっている場合はそれらもきちんと記入しましょう。
1回目のメールは必ずいれた方が良いです。

今回は初級編ということですので、メール文の出だしと最後をご紹介します。
出だしの挨拶が完璧になったところで、次は〆の文章です!

お客様とのメールの最後は
「何卒、よろしくお願いいたします。」が基本です。
たまに「以上。」で終わらせる人がいますが、お客様には基本的にそのような言い方はしません。
社内向けの場合でしたら「以上。」でも大丈夫です。

そして出来たメールがこちら。

=========================
株式会社●▲■
営業部
伊藤様

お世話になっております。
ビートレードの佐藤でございます。



何卒、よろしくお願いいたします。

=========================

いかがですか?
もしこれから社会人になる方、転職をして
初めてビジネスメールを打つことになる方がいらっしゃいましたら
こちらが基本の形となりますので覚えておいてくださいね!!

そしてメールを送信する前に、
宛先間違い、誤字脱字がないかをしっかり確認してくださいね!!!

以上で初級編は終わりです!!
少しでもお役に立てば幸いです!!

今後は中級、上級として場面別の文章の作り方などを
この他にもご紹介したいと思っております。

お楽しみに!!

CONTACT
電話でのお問い合わせ
03-6833-2990
フォームでのお問い合わせ

ご意見・ご感想をお待ちしています。

Please leave this field empty.

※頂いたメッセージは今後の運用の参考にさせていただきます。

売上拡大業務効率アップ実現していきます