ライフスタイル
2016年03月14日

ビジネスパーソンにお薦めなスポーツ4選

『「新宿駅~代々木駅」あたりの時間で読めます!』

毎日忙しい日々が続く、ビジネスパーソンの共通の悩みは、やはり「運動不足」ではないでしょうか。
運動不足は肥満や病気のリスクを高めるだけでなく、仕事の効率が悪くなったり、うつ病の原因とも言われています。

一方で、優れたビジネスパーソン・経営者の共通する趣味・習慣に「スポーツ」が挙げられるのも事実。優秀な人ほど、特定のスポーツに熱中していたりするものです。

そこで今回は、ビジネスパーソンにお薦めなスポーツをピックアップ。
「あのスポーツが実はビジネスのこんなところに役立つなんて!」といった、
ビジネス活用ポイントと一緒にご紹介を致します!

ゴルフ

ゴルフ

・一般的なイメージとそのギャップ
ビジネスマンのスポーツと言えば、言わずとも知れたゴルフ!
1プレーが高いイメージがあるゴルフですが、実は最近はプレー費用が安くなったこともあり、
若い人でも気軽に始められるようになっているんです!

・仕事への姿勢に繋がるポイント
緑に囲まれた自然の中でプレーするゴルフはリフレッシュにはもってこいですね。
そして何よりビジネス上での付き合いの幅が広がるというメリットも。
取引先との円滑なコミュニケーションをかなえる為にも、ビジネスマンの皆さんは覚えておいた方が良いかもしれません。

とはいえ、一朝一夕では中々上達の難しいゴルフ。
初心者の方にはまずはゴルフスクールなどで、レッスンプロに教えてもらうことをお勧めします。
ただやみくもに練習したり、いろいろな人に教えてもったりすると、変なクセなどがついてしまうこともあるので、
基本的なことはレッスンに通ってマスターするのが上達の近道です。
ゴルフスクールの形態は、個人指導やグループレッスンなど、スクールによってさまざま。
講師も複数いるところが多いので、まずは体験レッスンなどを受けて自分に合ったコースと講師選びをするといいでしょう。

・おすすめツール
初心者の方は、道具はフルセットではなく、まずはハーフと呼ばれる初心者向けのセットを購入し、
練習して慣れていくうちに買いそろえることをオススメします。
また、最近はゴルフに関するいろいろな便利アプリも出ていますので、少しだけ紹介しましょう。

【ゴルフスイングチェッカー plus】
スマホで自分のスイングをチェックできます。コーチングプロのスイングと比較ができるので、一人での練習にも、もってこいです!

【毎日ゴルフレッスン】
練習法からラウンド時の注意点など初心者にはありがたい情報を発信するアプリです!

【ゴルフスコア管理 – GOLF NETWORK PLUS】
国内2500以上、世界30000以上のコースで使えるスコアカードアプリです!
簡単入力で見やすいスコアカードが誰でも作成出来、GPSでショットした位置の記録も可能!
自分のプレーの記録や課題の発見などに役立ちます!

マラソン

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

・一般的なイメージとそのギャップ
マラソンと聞くと、「つらそう」「単調でつまらない」など、マイナスなイメージが持たれがちです。
ですが、近年、東京マラソン等の人気もあって、競技人口が右肩上がり。
「スイーツマラソン」「バブルラン」といったような一方変わったイベント性の高いマラソンも増えてきており、
身近で、初心者でも始めやすいスポーツかと思います。
また、ビジネスマンや経営者の間でも、熱中している人も多いことで注目もされています。

・仕事への姿勢に繋がるポイント
ビジネスマンや経営者の方でマラソンを趣味としている人も多いと書きましたが、
マラソンをすることで、仕事にどんなメリットがあるか、ちょっとまとめてみました。

㈰自己鍛錬
⇒自分との闘いなお中で、ストイックに継続してやり続けること

㈪目標達成意識
⇒明確なゴール(距離・タイム)に向け、それに向けた練習(事前準備)・ペース配分(予実管理)を設定し
 目標達成することの強い意志を駆り立てる

㈫アイデアの創出
⇒走りことで、適度な刺激が脳を整理し、アイデアが出やすくなる
特に、今㈫を目的として、マラソン(ランニング)を行っている経営者が多いと聞きます。
科学的にも、走ることで、脳の「前頭前野」という箇所が活性化し、脳の機能が向上するそうです。
また、走っている景色や周りの音などによって、脳が視覚や聴覚から適度な刺激を受け、
脳内の散らかっている情報が潜在的に整理され、結果的に良いアイデアがでやすくなるんだとか。

是非、仕事で行き詰ったときは、ちょっと入ってみると、起死回生のアイデアが生まれるかもしれませんね!

・おすすめツール
【Nike+】
https://secure-nikeplus.nike.com/plus/?locale=ja_jp

「Nike+ Running」は、ランニングの結果を記録・追跡できることはもちろん、
ランニングについてコーチからフィードバックをもらえたり、ランニングに関する課題に挑戦できたりするアプリです。
コーチメニューのプログラムでは、様々な条件から選んでトレーニングをすることができます。
また、5km完走からフルマラソン完走まで、スケジュールを自動的に「Nike+」が組み立てたりもしてくれます。
継続が苦手な人でも、これなら楽しく続けられそうじゃないですか?

サーフィン

サーフィン

・一般的なイメージとそのギャップ
チャラチャラしている、ナンパな感じがするなど一般的には軽いイメージを持たれがちです。
そんな良いイメージがあまりないサーフィンも実際は正反対ですごくハードなスポーツ。

波に巻かれたら溺れかけるし、簡単には乗れないし、
腕は全く動かなくなるくらい疲れちゃうし….。
まさに修行という言葉がぴったりです。

ただ、そんな辛いサーフィンもたまにでも乗れた瞬間、
今までの苦労が全て吹き飛ぶくらいの快感があり、やめられません。
同じ波は2度と来ないため、全ての波に集中して、
最高のパフォーマンスを出せるように準備をします。
そんなロマンのつまったスポーツだということを知っていただき、
日々戦っているビジネスマンにはおすすめなスポーツとして紹介いたします。

・仕事への姿勢に繋がるポイント
数え切れないくらい良い点はありますが、厳選して3点を紹介します。
まずは1人の力の小ささを知る
普段ビジネスの世界ではメンバーや社員を抱えている方などは
あまり怒られたり指摘される経験がないのではないでしょうか?
自然で遊ぶ事で、自分の存在感の小ささを感じるはずです。
その小ささに気づきチームワークや協力の重要性を理解し、
周りを巻き込みながらプロジェクトをこなすリーダーシップが身につくはずです。

次に常にチャレンジをするということ。
次から次てとくる波にサイコーのパフォーマンスを発揮するように全力で挑む。
失敗してもまた次、次とこのチャレンジ精神がビジネスシーンでも十分に役立つはずです。

最後に決断力を養う。
常に自分にとってサイコーの波が来る事を待ち、
誰よりも早くその波を察知し
アクションをする事でサイコーの波をとらえる事ができます。
常に先を読み自らの感覚や経験を頼りに決断をします。
それが失敗でも成功でも繰り返し行う事で精度の高い決断をする事ができるようになるはずです。

・おすすめツール
【波伝説・なみある?】などの波情報アプリです。
常にポイントの情報をリアルで把握することができ、その日の波を外しません。
【yahoo!天気】での天気情報アプリ
自分で天気や風向きを考えよいポイントを見つけます。
波がぴったり合った時の快感や興奮たるや、ポイントについて着替える時からテンションMAXになります!

フットサル

b4948185e580db86e06feac0295a11ee_s

・一般的なイメージとそのギャップ
最近は知らない人がいない程に普及してきたフットサル。
特にサッカー経験者の方は地元などでやっている人も多いのではないでしょうか?
サッカーをあまりやっていなかった人からすると、運動量など結構ハードルが高そうに感じます。
でも実はサッカーと比べるとコートはかなり小さいですし、1ゲームの時間も短いので、丁度良い運動にはピッタリだったりするのです。
最近はなでしこJAPANの影響もあって、女性でも気軽に始める方が増えていることも魅力の一つでしょうか。

・仕事への姿勢に繋がるポイント
基本的には5人1チームで戦います。
サッカーの11人に比べると、一人一人の役割が非常に重要になってくるわけです。
組織で動くスポーツとビジネスは似ているところが多いですよね!
勿論個人技だけでもいい成果を出せる人はいますが、常に点を決められるわけではありませんし、チームメイトのミスで点を入れられてしまえば負けてしまいます。
つまり全体的に大きな効果を上げるのであれば、やはりそこはチームワークをうまく発揮して、お互いの長所短所をカバーし合っていくことが大切なんですね!
そんなチームという存在の大切さを再認識できるのもフットサルのいいところではないでしょうか。

・おすすめツール
【サルテク Fリーガー直伝フットサルテクニック】
フットサルの基礎から応用までのテクニックやコツを教えてくれる情報アプリです!
動画を交えて学習できるので、上達したい方は是非!

CONTACT
電話でのお問い合わせ
03-6833-2990
フォームでのお問い合わせ

ご意見・ご感想をお待ちしています。

Please leave this field empty.

※頂いたメッセージは今後の運用の参考にさせていただきます。

売上拡大業務効率アップ実現していきます