企画
2016年07月04日

ゴールデン街でアンケート実施!訪日外国人の今を知る

    こんにちは! 元New Yorkerの服部です。

    短い期間でしたが以前アメリカで生活をしていました。
    英語圏内で生活をしていると「日本」が非常に恋しくなってしまうんですよね。
    文字や言葉はもちろん、私たちのソウルフードである和食 等々
    生まれ育った環境から受ける影響って大きいんだなぁってつくづく体感しました。

    さて、そんなことはさておき、年々、訪日外国人数が増え
    国内ではいわゆるインバウンド事業が活発になっていますね。
    街中で見かける外国人の数も圧倒的に増えました。
    また、秋葉原や銀座など街中の各店舗でTax Freeという言葉を
    見かけるようにもなりました。

    少し前には「爆買い」なんて言葉も流行りましたし
    大型店舗では品切れ続出という嬉しい悲鳴もあったようですね。

    人の集まるところに商機あり

    正にこれです。

    しかし、増えた増えたといわれているけど、一体どのくらいまで増加したの?
    そんな疑問が浮かんできました。

    個人的に調べた内容ですが、近年の訪日人口の推移がわかりました。

    2010年  8,611,175人(確定値)
    2011年  6,218,752人(確定値)
    2012年  8,358,105人(確定値)
    2013年 10,363,904人(確定値)
    2014年 13,413,467人(確定値)
    2015年 19,737,409人(暫定値)

    ※出展:日本政府観光局(JINTO)
    http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/cq6g7o0000027zc0-att/since2003_tourists.pdf.pdf

    いや~、中々の伸び率ですね!
    2011年は東日本大震災の影響で訪日人口が減ってしまいました。
    しかし、この頃から世界遺産として認定された観光名所が増えこともあり、
    流入人口は増加の一途をたどっています。
    2013年といえば日本最高峰の富士山が世界遺産に登録された年ですね。

    日本政府含め、各地域の方々の努力が報われているように感じます。

    また、政府は「2020年に訪日外国人4000万人の達成」を目標としているようです。

    4年後にはオリンピック開催を控えており、
    まだまだ観光客が増える余地はありそうな気配です。

    じゃあ、世界の観光地と比べた場合、日本はどのくらいなの?
    これも気になったので調べてみました。

    2014年の外国人観光客の数値
    1位 フランス 約8300万人
    2位 アメリカ 約7500万人
    3位 スペイン 約6500万人

    ん~、こうやってみると世界の壁はまだまだ高いですね。
    どこもかしこも有名な観光地になっていますからね。
    がんばれニッポン!

    でも、私の疑問はまだまだ止まりません!

    外国人客が増えているのはわかった。
    日本中が訪日客を迎えているのも理解した。

    じゃあ、最近の訪日外国人はいったい何を求めに日本に来ているのか?
    外国人目線の調査が必要だと感じました。

    雑誌やテレビ、インターネットなどで簡単に情報は集められますが
    それらの情報は果たして本当の事なのでしょうか?

    本業は営業職ですが、マーケターみたいなこともをしてみようかな?
    インサイドセールスでは、営業とマーケターとの関係が大事ですし、
    まずはその仕事を知ることも大事ですよね!

    そんなことを思った矢先、勤務先のすぐ近くには
    新宿の「歌舞伎町」「ゴールデン街」という日本有数の
    観光名所があるではありませんか!
    いてもたってもいられず街に繰り出し実際に聞いてみました。

    【訪日外国人22人に聞いた質問とランキング】

    new_pic (10)

    Q1)どこから来たの?

    1位 アメリカ(ハワイ諸島含む) 6人
    2位 オーストラリア 5人
    3位 ノルウェイ 3人

    その他
    アイルランド、スリランカ、フランス、カナダ、フィンランド、ルーマニア

    感想
    やはり色々な国の方が集まっていますね。
    ノルウェイは意外でした。
    また、訪日外国人はアジア圏の方が多いというデータもありますが、
    この日のゴールデン街は欧米の方が多かったです。

    Q2)今回の目的は?

    1位 観光 20人
    2位 友人に会いに来た、住んでいる(各1票)

    感想
    まあ、こんなもんでしょう。圧倒的に観光目的でした。
    特にゴールデン街は外国の方から人気の観光スポットと言われています。
    わたしも何度か行ったことがありますが、昔の日本を連想させる
    独特の雰囲気と飲食店街という街並みが好まれているのではないでしょうか。

    Q3)誰と一緒に来た?

    1位 友達 9人
    2位 家族 6人
    3位 恋人 5人

    感想
    やはりみなさん仲の良い人同士で遊びに来ていますね。
    少数派になりますが1人旅を楽しんでいる方も2名いらっしゃいました。

    Q4)どこに泊まっているの?(複数回答含む)

    1位 東京 22人
    2位 日光、箱根、奈良、大阪(各1票)

    感想
    東京が圧倒的多数ですね!(調査上当たり前か?笑)
    2位の回答は一人で各地を回る方でした。フットワークが軽い!

    Q5)日本のお土産は何を買う予定?(複数回答含む)

    1位 決まっていない 5人
    2位 洋服 3人

    3位は複数ありました
    おもちゃ、料理用ナイフ、きもの、お酒(日本酒や焼酎)、靴下、靴など

    感想
    着物や日本酒は日本ならではですもんね!
    あと原宿のファッションも外国で人気ですよね。
    ただ、ピンポイントで“靴下”という回答には少し驚きました。
    もしかしたら足袋や5本指ソックスとかを指しているのですかね?

    Q6)日本に向けて一言何かあれば

    ・仕事がんばってね!
    ・日本は美しい国だよ。
    ・日本のおもてなしは最高だよ!
    ・東京はとてもエキサイティングだ
    ・みんな優しくて親切

    基本的に満足している意見が多い中、不満ももちろんありました。
    食べ物が美味しすぎて太っちゃう
    ・日本はクールでキレイな街なのに、何で公共のトイレに石鹸が無いの?不衛生だよ!
    ・咳をする時は手で口を押えて欲しい。
    ・海外から各企業のFC進出が増えており日本らしさが無くなっている。

    感想
    いろいろ見ていますね。
    「食べ物が美味しすぎて太っちゃう」という回答は
    飲食関係者からみれば嬉しい言葉ですね。
    「公共のトイレに石鹸が無い」という意見は今まで気にしたことがありませんでした。
    言われてみれば、お店のトイレなどにはよく石鹸が置いてありますが、
    公共のトイレには無い、もしくは少ないですね。
    (もちろん完備されている公共トイレもあります!)

    当たり前と思っていたことが違う国から見たら違和感なんですね。

    アンケート実施による総評

    今回、声掛けをしている時に断られることももちろんありましたし、
    「何のためのアンケートなの?」と不信がる人も見受けられました。
    それでもきちんと理由を話し、匿名性であることを告げると
    快く対応してくれる人が多かったです。

    new_pic (9)

    ご協力頂いた観光客のみなさん、ありがとうございました!

    また、お土産ランキングを見ていて感じたことは
    個人的にはお菓子類や食べ物をお土産として買うことが多いのですが
    訪日外国人たちは帰国後も使えるモノを買っているんだなぁということです。
    今回2位に入った洋服に関しては日本独特のデザインがたくさんありますし、
    せっかくなら実際に試着してから買ってもらいたいですよね!

    それと、形が残っていればそれを見た時に当時を思い出せる
    というメリットもありますよね。
    そういったことを考えている方が多いのかなぁ?と思いました。

    どうでしたか?
    調査人数が少ないので偏りはありますが
    夜の歌舞伎町周辺に遊びに来る外国人はこんなことを考えているようです。

    街頭アンケートってちょっとアナログな手法かもしれませんが、
    色々な国の方とコミュニケーションが出来て楽しかったです。

    普段の生活で「当たり前」と思っていることも、
    こうやって異文化のひとから意見を聞くことによって新しい発見になりますし、
    マーケティングには重要な情報となってきますよね。

    今回のアンケートでは反省点や改善できる点もたくさんありましたので、
    また実施することがあれば、今回の経験を活かして
    もっと有益な情報を聞ければ良いなと思いました。

    もちろん場所や時間帯によってデータは大きく変わってくると思いますが、
    もし事業者の方がいらっしゃれば、
    お土産の品揃えやホスピタリティの面で今後の役に立ててみてください。

    そして、マーケターの大変さもとてもよくわかりました。。。
    インサイドセールスを成功させるためにも
    まずはお互いの仕事を理解することはとても大切ですね!

    それではまた!

    過去記事はhuneトップページよりどうぞ!

    CONTACT
    電話でのお問い合わせ
    03-6833-2990
    フォームでのお問い合わせ

    ご意見・ご感想をお待ちしています。

    Please leave this field empty.

    ※頂いたメッセージは今後の運用の参考にさせていただきます。

    売上拡大業務効率アップ実現していきます