ノウハウ
2016年09月20日

できる営業マンは数字に強い!基本の計算式!〜利益計算と%〜

皆さんこんにちは!ミヤちゃんです!
夏ももう終わりですね、祭りのあとの様な寂しさが残る今日この頃ですが、
私たち営業は、そんな寂しさに負けているわけにはいきません!
常に数字を上げなければならない使命があります。

今日は、そんな営業の皆さんに今さら聞けない。だけど聞きたい。
基本の計算式をお伝えしていきます。
数字の話になったとき、パッと返せる人って素敵ですよね。
数字に強い人は「出来る営業マン」という気がします。
ちょっと数字に自信が無い方は、
今回の記事で基本の計算式をマスターしましょう!!

160916_2

まずはじめに!!

営業は売上を出してナンボ!!
そしてそこからの「利益」を意識することもとても重要です。
「利益」といっても、色々と種類があります。
下記3つは基本中の基本ですので
しっかりと違いを理解した上で計算式も覚えましょう★

・売上総利益・・売上に対する利益のこと。粗利ともいいます!
・営業利益・・企業が本業で稼いだ利益のこと。
・経常利益・・企業の事業全体の利益のこと。

説明だけでは、わかるようなわからないような?
わかりやすいように計算式と一緒に説明いたします!!

1.売上総利益(粗利)

計算式は【売上総利益 = 売上高 — 売上原価】
例えば、
500円で仕入れたものを800円で売るとします。
そのときでた300円の利益が売上総利益です。
つまり:800(売上高) −  500(売上原価) = 300(売上総利益)

2.営業利益

計算式は【営業利益 = 売上総利益 — 販売費及び 一般管理費】

例えば、
さきほどの売上総利益が300円だった商品を売るときに
50円分、電話の通信費がかかっていたとします。
そうした場合の営業利益は250円となります。
つまり:300(売上総利益) — 50(販売費及び一般管理費) = 250(営業利益)

※ 販売費及び一般管理費とは、
お給料や交通費(つまり人件費!)やオフィスの賃料など様々です。

160916_4

3.経常利益

計算式は【 経常利益 = 営業利益 + 営業外収益 — 営業外費用 】
※ 営業外収益とは、本業以外で得られる収益のこと!
簡単に言うと会社の副業で稼いだ費用ということですね!
(受取利息や割引料、受取配当金など様々あります。)

※ 営業外費用とは、本業以外で発生する費用のこと!
(支払利息、社債利息など金融機関に支払う手数料など様々あります。)
ちょっと難しく感じますでしょうか?
今回は割愛しますが、詳しく気になる方は調べてみてください★

それでは戻りまして、、
例えば、
さきほどの営業利益250円のものがあります!
その後営業外収益が80円出て、営業外費用として70円支払わなければいけない、となったときの経常利益は、わかりますか??

そう、260円です!!

つまり:250(営業利益) + 80(営業外収益) −70(営業外費用) = 260(経常利益)
いかがですか?
各利益の違いをしっかり理解できたでしょうか?
営業マンは常に利益のことを頭に入れて活動しましょう!!

160916_3

そして、「数字に弱いんだよな〜」とちょっと計算に自信が無い人は
】に苦手意識を持っているひとが多いはず!!
そこで今回は%に関する計算方法もご紹介!!
営業マンだけど、実は算数が苦手なんだ、、って方は
ここでこっそりおさらいをしてくださいね★

1. 数値から○%の数値をだしたいとき

これはもう、基本中の基本!!小学生でも知っています!!
たとえば、「2500円の35%はいくら?」と聞かれた場合
パッと答えることはできますか?

答えは875円!
もちろんみなさん余裕ですよね?

【商品の金額 × ●% = 商品の%】
ここで【1%は0.01、10%は0.1】ということを忘れずに!
つまり:2500 × 0.35 = 875 ということです。

それでは次から営業にかかせない計算を、、

2.増減を比較したいとき

「先月から売り上げが何パーセント上がったのか、下がったのか」は
営業マンとして意識していなければいけないことですよね。

例えば、
先月の売り上げが120,000円だったとします。
そして今月の売り上げは150,000円だとする場合、、
【(今月の売上金額 − 先月の売上金額) ÷ 先月の売上金額 × 100 = ○○%】

つまり:( 150000 – 120000 ) ÷ 120000 × 100= 25

先月と比べて25%アップ!ということになります★

3.目標金額の達成率を出したいとき

これもものすごく重要な数字ですよね!!
達成率こそパッと計算できなくてはいけません!!

8月の目標金額が300,000円だったのに対し、
実際の売上は260,000円でした。
このときの達成率を求めたい場合

【実際の売上 ÷ 目標金額 × 100 = 達成率】

300000÷260000×100=86.66666…
小数点を切り捨て、達成率は86.6%ということになりますね!!
この達成率をもとに、営業活動の見直しをはかりましょう!!

160916_5

まとめ

いかがでしたか?
今回ご紹介した内容は基本中の基本でしたが、いざ聞かれたときにパッと答えられないひとも意外と多いのではないでしょうか。

小学生で勉強をしたはずですが、大人になると難しいものです。
日々訓練を重ね、苦手意識を克服するためにも数字に慣れることが重要です。
計算機があったとしても、まずは自力で考え、答えを出しましょう。

また、数字を活用することで、対話者に明確に、端的に伝わり、
営業スタイル向上にも繋がります。
日常会話から数字を取り入れるなど、練習をしましょう!

さあ、これであなたも数字に強い営業マンです!!!

CONTACT
電話でのお問い合わせ
03-6833-2990
フォームでのお問い合わせ

ご意見・ご感想をお待ちしています。

Please leave this field empty.

※頂いたメッセージは今後の運用の参考にさせていただきます。

売上拡大業務効率アップ実現していきます