企画
2016年09月27日

巷でウワサの「VR」体験しに行ってみた

どうも、アメコミ&映画大好き野郎こと五戸です。

私事ですが、遅ればせながら先日「シン・ゴジラ」見て来ました。
結論から言うと、メチャクチャ面白かったです。

いろいろなところでもすでに言われていますが、“ゴジラ”というありえない存在(虚構)とリアルに描かれた政府などの人間社会(現実)との対比が面白く表現されてます。
「現実にゴジラが現れたらきっとこんな感じだろうな~」という納得感が印象的でしたね。
まだ観に行かれていない方は、是非映画館で見ることをお勧めします。

「シン・ゴジラ」とはまた少し話は違いますが、最近この「現実(リアル)」と「虚構(デジタル)」の融合を日常で目にすることが多くなってきたなと感じています。
例えば、巷で噂の『VR(仮想現実)』や「ポケモンGO」で一気に日の目を浴びた『AR(拡張現実)』。
また、映画館では、映像に合わせて座席が揺れたり、水しぶきや香りといった五感を使って映画を楽しめる劇場も増えてきたようです。

そんな気になる「リアル」と「デジタル」の融合について今回は書いていきたいと思います。
というわけで、さっそく調べてみるとVRを体験できるところをいくつか発見。
・・・これは取材に行くっきゃないぜ!
その中でも個人的に欲し・・・いや、よりリアルとデジタルの理解を深められそうな「PlayStation®VR」の体験会に行く事に決定。
あくまで取材と銘打ち、社内一の「Mr.ダンディー」ことハットリ氏と共に、銀座ソニービルに潜入してきました。
今回はその模様をご覧ください。

■PlayStation®VR体験会

「PlayStation®VR」とは・・・
PlayStation®4の魅力を高めゲーム体験をさらに豊かにするバーチャルリアリティ(VR)システムです。
VRヘッドセットをかぶると、プレイヤーの360度全方向を取り囲む、迫力のある3D空間が出現。
3Dオーディオ技術との連動によって生まれる圧倒的な臨場感により、ゲームの世界に本当に入り込んでいる感覚を味わえます。

0927_2

体験会は予約制となっており、ネットで予約が出来る仕組み。
最新の技術を体験できるのに並ばなくていいのはとてもいいですね。
現地に到着すると1階には早速体験ブースが見えます。
ワクワクが止まらない。
少しすると銀座が割と似合う男、ハットリ氏も到着したので高ぶる気持ちを抑えつつ、ビル内に突入。

0927_3

受付に行くと今回の体験会では、2種類のゲームから好きな方を選んで体験できるとのこと。
一つは、まるで深海にいるかのような体験ができる『The Deep(仮)』。
もう一つは、みんなでワイワイ楽しめてかわいいキャラクターも魅力的な『THE PLAYROOM VR』。
せっかくなのでそれぞれ一つずつ体験させてもらうことにしました。

・神秘的な深海の景色を楽しむ『The Deep(仮)』
海も大好きな僕は『The Deep(仮)』を選択。
早速ブースに入りVRヘッドセットを装着します。

0927_4

ピントを合わせる為にヘッドセットの位置を前後に調節できるようになっています。
位置が決まったらそこでロックがかかるので、頭を振っても外れません。

0927_5

そしてついに映像がスタート。

0927_6

「おお・・・!」

そこは銀座のはずなのに、いつのまにか海の中にいました。
とても綺麗なグラフィックと上下左右に顔を振っても違和感なく動く映像がまるでそこにいるかのように感じさせます。

0927_7

本当に息を止めたくなってしまいそうなほどでした。
途中でサメも出てきて軽くパニック。
「うわ!」「やべ!」とかつい声に出てしまう有様。

0927_8

これホラーゲームだったら結構ヤバいと思います。(実際にバイオハザードの最新作がVRで出るそうです)

時間にして5、6分程で映像は終了。
ヘッドセットを外すとそこはソニービル。
実際にはその場から動いてはいませんでしたが、元の世界に戻った直後はどこか遠いところから帰って来たような何とも言えない不思議な感覚に陥りました。

0927_9

・VRを使った新しい遊び『THE PLAYROOM VR』
続いてハットリ氏が体験したのは『THE PLAYROOM VR』。
これは僕もコントローラーを持って参加ができるタイプのゲームでした。
ハットリ氏がヘッドセットを装着。

0927_10

僕と同じく「おお・・・!」とあたりを見回しています。
・・・言っちゃ悪いですが、はたから見た姿は正直笑えます。

0927_11

でも自分も数分前はああだったんだと少し恥ずかしい気持ちになりました。

0927_12

目の前のテレビにはシン・ゴジラには似ても似つかない可愛らしい怪獣が映っており、実はこの怪獣の視界がハットリ氏に見えているとのこと。
対し、こちらはまた可愛らしい小人を動かし、その怪獣を倒すゲーム。
怪獣側は小人の攻撃をかわしながら町を壊したりしながら小人を倒します。

・・・覚悟しなハットリ氏。

僕のゲーマーの血が騒ぎます。
そして対決。

0927_12

結果、惨敗。

・・・うん、要領がつかめなかっただけ。
それに初見プレイだしね、しょうがない。
小人対怪獣ですよ?普通どう考えたって怪獣が勝つに決まってますよ。

・・・ということで、こちらのゲームではVRの新たな楽しみ方を見る事ができました。
次は絶対負けねー!

そんなこんなで楽しい体験会はあっという間に終わり。
これは今後すごいことになっていきそうな予感がしてなりません。
「PlayStation®VR」・・・ただ者じゃありませんでした。

■リアルとデジタルの今後

今回はVRを体験してきましたが、今後これらリアルとデジタルを使った技術がどんどん世の中に浸透していく予感がしました。
例えば医療では、精神病患者の治療法にも活用の期待がされているそうです。
様々な教育の現場でも、パイロットなどいろいろなシミュレーションにも使えそうですね。
ビジネスの場面だと、離れた場所の商談にはテレフォンカンファレンスを行う方も多いかと思いますが、VRを使って「まるでお互いがそこにいるかのようにコミュニケーションが取れる」といった手法も今後出てくるのではないでしょうか。

これまでにもすでにいろいろな業界で「IoT」と呼ばれる「モノ」と「インターネット」を繋げる考え方などがありますが、
技術の進歩によってそれはさらに加速していくのでことでしょう。
今後はそれらをどう活用していくかが各業界に求められるようになって来るかもしれません。

■まとめ

というわけで今回はリアルとデジタルの融合についてのレポートでした。
今後もどんどん面白いコンテンツが増えてきそうでワクワクします。
マトリックスのような世界になっていくとしたらちょっと怖いですが・・・未来に期待しましょう。
ちなみに僕らが行った無料体験会は10月12日(水)まで開催していますので、興味のある方は是非行ってみてください。

それではまた。

0927_13

CONTACT
電話でのお問い合わせ
03-6833-2990
フォームでのお問い合わせ

ご意見・ご感想をお待ちしています。

Please leave this field empty.

※頂いたメッセージは今後の運用の参考にさせていただきます。

売上拡大業務効率アップ実現していきます