企画
2016年07月19日

【ドキュメンタリー企画】完結編!

    どうも!月曜チームです。
    今回は、5月9日に掲載したドキュメンタリー企画
    『インサイドセールスでホテル(法人)の閑散期を盛り上げられるのか!?』
    の完結編です!!
    前回までの記事はこちら→https://www.btdp.co.jp/hune/2016/05/09/631/

    この2か月間、他の業務時間の合間を縫って
    コツコツ活動してまいりました。
    その結果をここで発表したいと思います!!
    なんかドキドキしますね(笑)

    0719_01

    1.どこにどんなアプローチを行ったか

    ≪ターゲット≫
    静岡県、新潟県にあるリゾート宿泊施設 全87施設
    →海側、山側とわかりやすい地域だったので何か違った反応を期待しました。
    また、対象の幅も広げて、素泊まりスタイルの施設~超高級旅館までをピックアップ。

    ≪アプローチ方法≫
    まずは「宿泊担当」「法人顧客担当」がいるかどうかの確認後
    担当者に対して、「過去に利用のあった企業や
    問い合わせのあった企業(既存客と見込み客)に対して
    再利用や検討を促すお手伝いで役に立てる」と伝える。
    →興味を持って頂ければ、弊社サービス概要を送り、後日反応を確認する

    2.活動結果


    ・総コール数:122
    ・コンタクト数:16
    ・コンタクト率(コンタクト数/総コール数):13.1%

    ※内訳
    【資料送付:6/時期改め:2/別会社紹介:2/断り:6】

    残念ながらアポイントは取れませんでした~・・・
    無念。お恥ずかしい( 一一)

    0719_2

    で・す・が!
    コンタクトした対象から得られた貴重なご意見をご紹介いたします。☆彡
    多かった順に
    ・法人営業は本社が担当している
    ・法人顧客の取込みは検討していない
    ・すでに代行サービスを利用している
    ・既存顧客の囲い込みを行うために施策を実行中
    ・広告代理店を使って対応中
    ・秋にリニューアルするためすでに施策を組み込んでいる

    【感想】
    宿泊施設と本社機能を持つ事務所が別々になっていたり、
    広告代理店を利用していたりと
    集客方法に関するニーズは見受けられました。
    あとは話を持ちかけるタイミングだったり内容によるのかなぁ?と感じました。

    ※補足
    受付拒否:5件
    →「そういったお話は間に合っています」
    「法人担当は当館にはいません」という反応を受けました。
    接客業を主としている方々なので対応は大変丁寧なのですが
    話を聞いてもらえる余地がありませんでした。
    そういった話は他からもたくさん来ているんでしょうね。

    3.考察

    ・コンタクトした担当者から確認出来た事実として、法人顧客獲得に向けて積極的に
    施策を行っていると思われる施設は全体の25%程度
    また、どのような形であれ法人営業を行っている施設を含めると、
    約50%が法人顧客獲得のために動いていることが分かりました。
    →やはり個人客の相手だけでなく、法人に対してもアプローチすることで、
    各施設とも売り上げ維持・拡大を目指している様子が伺えました。

    4.活動を通して感じたこと

    ・各施設ともホームページを見る限りでは、法人誘致を行っているかどうか判別できず。
    やはり、実際にコンタクトをとってみて確認することの大切さに気づきました。

    ・時々「○○株式会社 御一行様」「■■学校 御一行様」という表示を
    施設の入口で見かけますがそういった方々は何をキカッケに
    その宿泊先を選んだのだろう?という疑問が出てきました。
    (お客様目線での調査から何かヒントがもらえるかも知れませんね。
    今回は趣旨が違うため割愛)

    ・メルマガを送ったり、インバウンドマーケティングも大切な戦略ですが、
    より多くの情報を得るためには、アナログな手法で
    直接コミュニケーションをとることも大事なことなんだなと思いました。

    ○おわりに

    さてさて、今回『壮絶なドキュメンタリー』でお届けする予定だった本企画ですが、
    なんとも尻すぼみな最期を迎えてしまったこと、非常に残念に思っております( ;∀;)
    ご覧になってくださった皆様にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。。

    ただ、今回の活動を通して、私としては自社サービスに対する理解が深まったこと、
    また、日ごろ行っている地道な作業(主にテレマーケティング)が、
    「やっぱり大切な仕事だし、どの業界だとしても役に立つものだよなー。」
    ということを再認識できる良い機会となりました!

    0719_3

    みなさん、
    いよいよ暑苦しい夏本番を迎えますが、
    汗水たらして一緒に乗り切っていきましょ~!!(^^♪

    CONTACT
    電話でのお問い合わせ
    03-6833-2990
    フォームでのお問い合わせ

    ご意見・ご感想をお待ちしています。

    Please leave this field empty.

    ※頂いたメッセージは今後の運用の参考にさせていただきます。

    売上拡大業務効率アップ実現していきます