ノウハウ
2019年05月14日

インサイドセールス とは?

インサイドセールスとは?

インサイドセールスは、マーケティングと営業の間でリードの架け橋の役割を担います。
訪問を行わずにメールや電話、ツールなどを活用して顧客のニーズが高まるまで
継続的にコミュニケーションをとり続ける営業活動のことをいいます。

具体的には、マーケティング部門がwebや展示会などで獲得をした大量のリードを
引き継ぎリードの精査をしたり、事例やセミナーなどの情報を提供したりしながら
リードと「いつでもコミュニケーションがとれる」関係を築いていきます。
そして、角度が高まったベストなタイミングでセールスへ引き継ぐ仕事になります。

よって、インサイドセールスはリード育成を、営業は受注獲得に集中できる
環境を整えることでフォロー不足による取りこぼしを最低限に無くし、
効率的に案件や受注を獲得することができるのです!

CONTACT
電話でのお問い合わせ
03-6833-2990
フォームでのお問い合わせ

ご意見・ご感想をお待ちしています。

Please leave this field empty.

※頂いたメッセージは今後の運用の参考にさせていただきます。

売上拡大業務効率アップ実現していきます